【日本初!ケガ予防システム】ケガをする確率はどれぐらい!?ケガをしないで強い身体をつくる為の「フィジカルチェック」

㊗利用選手10000人突破!! パンフレットはこちらから


【ケガ予防フィジカルチェックとは?】

これまで10万人以上を検査して分かった『ケガをする人に共通する特徴』

整形外科医や理学療法士、アスレティックトレーナー、ストレングスコーチなどのメディカルとトレーニングのスペシャリストらと共に協力し、ケガを予測できる日本で初めての診断ができました。それが「フィジカルチェック」です!


スポーツ現場ではケガが原因で練習から離れてしまう事や試合で思ったような結果を出せずに悩みを抱え苦しむ選手をこれまで多く見てきました。フィジカルチェックによって、各選手が持つ部位別のケガ危険度が数字で明らかになるとともに、ケガを防ぐためにやるべき事が明確になりケガを予防できるようになります。やるべきことが分かれば、日々のストレッチやちょっとした心がけで、ケガの数を一気に減らすことが望めます!


さまざまな研究学会でも評価されているとともに、フィジカルチェックを活用したチームでは平均80%のケガ人を減らすことに成功しています。それだけでなくフィジカルチェックを活用することで『記録や成績の向上』も見られ、強くなるための測定としても多くのスポーツ強豪校が実施してくれるようになりました!


すべてのスポーツでその効果が実感できるので、年齢・スポーツ問わずご利用になれます。

ケガに悩むチームや選手の方、ケガせず強くなるための日本初の測定を是非スポーツ現場で体験してみてください!


【ケガ予防フィジカルチェック詳細】

この測定の良いところは、チーム全体や選手個人のケガするリスクや練習の指針が明らかになるのはもちろんのこと、個々の選手が自分の身体を意識するきっかけになることです。

その結果、あるチームのケガ人が53人→6人になるなど大きな成果が出ているとともに、

成績の向上にもつながっています。


<内容>

次のサービスが含まれます。

・出張によりすべて、専門家の手作業による測定

・結果のフィードバック(以下のシートをお渡しします)

 ‐各選手へのフィードバックシート

 ‐顧問・コーチ向けのチームデータシート

・ケガせずに強くなるためのエクササイズ講座


<流れ>

①学校やチームまでトレーナースタッフがお伺いし一人一人を詳細に測定(約1~2時間)

※チームの出張測定は10人以上で実施可能

②一人一人のデータを分析し、ケガの危険度やその原因を調査(約1~2週間)

③個人ごとのシートにまとめ、チームに返却・改善エクササイズの紹介

(個人測定も可能です!その際はご相談下さい。)


<対象>

小学校・中学校・高校・大学・一般のすべてのスポーツ競技で可能


<地域>

日本全国で行っております。

※地方までお伺いいたします。交通費などの請求もさせて頂きますので、ご検討下さい。


<料金>

◆一般チーム・個人:1人3000円/回

(2回目以降は2000円)

◆小~大学のチーム:1人1500円/回

(2回目以降は1000円)


※プラス交通費

(上記料金は印刷料やスタッフ派遣料などに充てており、最低限の経費だけお力添えください)

※チームの出張測定は10人以上

※改善されているのかをチェックする為にも、2回以上の測定を推奨しております


<実施校>

すでに強豪チームをはじめとする学校部活動やチームでお使いいただいております。

一部ご紹介させていただきます。特に陸上・サッカー・ラグビー・アメフト・ラクロスが人気です。


ブルサイズ(アメフトチーム)、スポールブール ナショナルチーム、千葉ロードバイクチーム、同志社大学(陸上部・サッカー部)、大阪市立大学、草加東高校、明星学園中高、片山学園中高、野津田高校、その他多数


<研究実績>

これらのベース研究は、さまざまな学会で評価されています。

・高校サッカー選手における腰痛発症予測システムの作成 ~腰痛発症と身体機能因子の検討~<日本腰痛学会(2014)>

・女子新体操ジュニア選手のための障害予測システム <日本臨床整形外科学会(2016)>

・高校野球選手の競技能力向上と障害予防を両立させるフィジカルチェック <日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(2016)>


<お申込み・お問い合わせ>

「info@sports-crowd.net」にメールを頂くか、コチラからお申し込みください。



※こちらのサービスは株式会社スポーツクラウドと連携を行い、

実施・提供しております。

走り方指導のプロが情報発信!スプリントオンライン-Sprint Online

「速く走る」に特化した情報をまとめたスポーツメディアサイト「スプリントオンライン」