【大谷翔平選手に学ぶ】目標達成をするための「ストラックナイン」

今年もあっという間に3月。

ただ毎日のやることやタスクに追われていると、

何も変わらないまま時間だけでが過ぎてしまいます。


最近では、4月移行の向けて目標を決定する時期なのかなと思います。

そこで、今回は大谷翔平選手が活用していたとされる目標達成方法をご紹介いたします!


アスリートでは、今後どのようにしていきたいのか。

指導者では、選手一人一人が何を考えてスポーツをしているのか

スポーツに関係なく、ビジネスなどにでも活用ができると思います。


今後の自分を成長させるためにも、時間を作って目標を作ってみませんか!?

是非、活用してみましょう(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次

①目標達成シートの特徴

②目標達成シートの作成方法

③目標を決める際のポイント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


①目標達成シートの特徴

このシートでは、選手達のアイデアを強制的に引き出すことができます。これが良いか悪いかは一旦置いておき、「考える力」を身につけさせることが望めます。

例えば、普段行っている練習をただがむしゃらに頑張るのではなく、

どうすれば効率的になるのかやポイントを絞って練習することが可能になります。


②目標達成シートの作成方法

まず縦横9マス、合計81マスを用紙に書きます。そして3×3の9マスごとに太線でフレームワークを作りましょう。真ん中のマス、中央にはどうなりたいのか(目標)を書きます。

次に真ん中の残りの8マスには、目標を達成するためにやるべきことを書きます。この8マスを周りのマスの中央に記入します。

そしてまたこの目標を達成する為に何をするべきかを8個書いていきましょう。


③目標を決める際のポイント

大事なことは、具体的にすることです。

例えば足を速くするといった曖昧な目標ではなく、100m10″50で走るといった形です。目標が曖昧になってしまうと、目標を達成する為の準備や努力も曖昧になってしまうからです。

また、自分1人で目標を作らないといったことも大切です。目標が現実的かどうかも考える必要があります。例えば、100mを5秒で走れるようにするなど。


この目標を達成させるためには、指導者や家族、仲間たちと相談することをおすすめします。周りに自分の目標が分かっていれば、きっと力になってくれるはずです。

自分1人で考え込まずに、シートを作ってみましょう。是非、ご活用ください!

走り方指導のプロが情報発信!スプリントオンライン-Sprint Online

「速く走る」に特化した情報をまとめたスポーツメディアサイト「スプリントオンライン」